EN
プロフェッショナル

お問い合わせ

触覚ディスプレイスタッドと触覚インジケータストリップの設置

触覚経路の歩道は、歩道の正方形のタイルと同じ方法で、建設中に念頭に置いてください:

(1)触覚パスが建物に舗装されると、ガイドブロックは旅行の方向に継続的に設定されなければならない。そして、石を止めることは交差点ブロック材料の前で舗装されなければなりません。歩道幅は、0.60 m未満ではなく、歩行者の交差点における触覚ブロックは、エッジストーンから0.30 m離れた位置にあり、又は停止ブロックは、他の歩行者のタイルで舗装されている。ガイドブロックはストップブロックに垂直に配置される。舗装の幅は、0.60 m以下ではない。(3)バス停は、エッジストーンから0.30 m離れた位置にあるか、他の舗装タイル毎にガイドブロックで舗装される。阻止ブロックで一時停止記号を設定し、阻止ブロックを案内ブロックに垂直に舗装する。歩幅は、0.60 m以下ではなく、歩道の内側の縁石は、緑帯の歩道上の少なくとも0.10 mであり、グリーンベルトの破断はガイドブロックに接続されている。

触覚パスは、次の範囲に設定する必要があります:

ダウンタウンの歩道、幹線道路と二次道路、市内と地区の商業や歩行者の通り、および大きな公共建物の周りの歩道。734567890都市の広場、橋、トンネル、歩行者の交差点の3 D 3454567890政府のオフィスビルと大規模な公共建築

への歩行者へのアクセス都市の公共緑のスペース

歩行者の橋には、歩行者の歩道への入り口、334567890出入口です。そして、市の公共の緑のスペースのアクセス可能な場所は、盲目の廊下を備えなければなりません。

  1. の建物入口、サービスカウンター、階段、アクセス可能なエレベーター、アクセス可能なトイレ、トイレ、バスステーション、鉄道旅客駅、鉄道駅のプラットフォームなどは、触覚表示の警告を装備する必要があります。

  2. 触覚パスの分類は、次の規定に従って行う。

  3. 触覚指標

  4. は、使用の彼らの機能に応じて2つのカテゴリーに分けられることができます。旅行触覚インジケータ:縞状の指標は、地面の上に5ミリメートル、杖と足の底の感覚を作成し、視覚的に障害物をまっすぐに直線的に歩いて導くためにガイドを作る。警告触覚指標:形のような形。各々の点は、地面の5 mmで、視覚障害者に前方のルートの空間環境の変化があることを知らせるために杖と足の底で感覚をつくるためにあります。

  5. 2他の材料(ステンレス鋼、PVC)で、触覚インジケータは、材料によって3つのカテゴリーに分けられることができます:コンクリート触覚インジケータ

  6. 触覚インジケータ

触覚指標は、次のとおりに設定されなければならない。ブラインド歩道のための設計要件は、好ましくは次は触覚指標の位置と方向は視覚障害者のためのバリアフリー施設への安全な歩行と円滑なアクセスを容易にする必要がある。

触覚インジケータ舗装は、木、極、ケーブル、木の穴、マンホールのカバーやその他の障害を避ける必要があります連続している必要があります他の施設は触覚インジケータ路地を占有してはならない。触覚インジケータ回廊は、歩道の壁、花壇や緑の領域から250〜600ミリメートル離れた場所にする必要があります。触覚インジケータ旅行通路は、舗道の内側の木の穴から250〜600 mm離れて位置することができます;道に木の穴がないならば、旅行通路は立っている端から250~600 mm離れて位置します。石は500 mm未満

触覚インジケータ旅行車線のターンで警告触覚インジケータを持っている必要があります、その長さは、触覚インジケータの旅行車線の幅よりも大きくする必要があります。

歩道に沿ったバス停と除算器は、その幅は300~600 mm、カーブ端からの距離は250〜500 mmである。

触覚インジケータアレーは、歩道上のステップ、ランプ、障害物から250〜600 mmの距離で設定する必要があります。

警告触覚のインジケータパスは、歩道の交差点、広場入り口、鉄道駅入り口などから約250〜600 mmに設定する必要があります。歩道が円弧の形であるとき、触覚インジケータ旅行レーンの方向は歩道のそれと同じでなければなりません。

歩行者の交差点への触覚の指標経路は、側の石から約300 mm離れていなければならない。そして、歩行者横断の範囲のエントリを示すために触覚ディスプレイパスの水平行を舗装することは望ましい。触覚インジケータ横断歩道を警告触覚表示器と垂直方向に敷設し、触覚表示交差点の幅を400 mm 600 mmとする。

歩道の角交差点は、フル幅バリアフリーランプに適しています。ランプの範囲を示すためにランプの両側の出発点で左右の触覚インジケータの1行を舗装することは賢明である。交差点のバリアフリーランプが街角を形成するならば、コーナーストーンランプの前で盲導ガイドパスを敷設し、車道横断歩道範囲、舗装幅を600 mmとすることが望ましい。

は、階段の上下両端の位置の段差から300 mmの位置に触覚を設定し、その幅を400 mmから600 mmとする。つの触覚インジケータも、中間休息プラットホームの両端に置かれなければならなくて、幅は300 mm未満であるべきではありません。道路舗装が触覚のインジケータ・トラックを有するとき、触覚インジケータは橋と道の接続で置かれなければなりません。舗装の幅は道路と同じである。

  1. 橋は、鉄道から400 mmの触覚インジケータ回廊を備えなければなりません。

お問い合わせ